アルベルトe 通勤通学電動アシスト自転車

アルベルトe 26インチ L型

通学用自転車のブルヂストン・アルベルトは、中学生の時に乗り始めてから高校卒業までほとんど故障無しで乗れるということで、毎年入学シーズンには在庫がなくなる程人気の自転車です。アルベルトeは、そのアルベルトに電動シストが付いた自転車です。通勤・通学の往路の上り坂はイヤですよね。でも、電動アシスト自転車だと、いやな往路の上りは、上り坂道とは思えないほど楽々と走れます。帰りの下り坂は回生充電ブレーキを上手に使いながら帰れば、1回の充電で走れる距離が長くなります。アルベルトe に乗ると通勤通学が楽しいエンターテイメントに変わります。これまでは自転車で行くにはちょっと遠いかなと思っていた所へも、行きたくなってきます。自然と自転車に乗って外に出る機会が増えるのでトレス解消になります。

2022モデル ブリヂストン アルベルトe 電動自転車 通勤 通学

 

アルベルトe は、フレームの一部の違いで、L型とS型の2種類あります。

上手の左上の1台がS型、他の3台がL型です。L型のほうが若干、乗り降りがしやすくなっています。

color S型27インチ 5段 L型27インチ 5段 L型26インチ 3段
スパークルシルバー
アンバーブラック
ジュエルDブルー
シャンパンホワイト
ジェードオリーブ

M.Xジェードオリーブ/L型、L型
M.XHスパークルシルバー/S型、L型
T.Xアンバーブラック(ツヤ消しカラー)S型、L型
P.Xシャンパンホワイト/L型
M.XジュエルDブルー/L型

カラーは表のように5色になっております

27インチは内装5段でL型、S型があり、26インチは内装3段、L型だけになります。

サイズを選ぶという部分
4:32
もありますしその切り
4:34
考えがですね内装3段下内装5段かという違いも出ておりますので気をつけていただき
4:40
たいポイントということになっています
4:42

【送料無料】ブリヂストン 2022 アルベルトe L型「A7LB42」27インチ 5段変速 電動自転車

アルベルトe 2022 違いはなに?

アルベルトe 2022の2021との違いはなにか?

一番の違いは、下り坂での回生充電の制御を見直して、充電1回あたりの走行距離を伸ばしたしたことです。

約4時間10分の充電で、走行距離はなんと2021年モデルの130kmから200km(エコモード・26インチモデル)が可能になりました。

電源を入れて乗っればアシストしますので、ペタルを踏んで進む力とモーターでアシストする力の両方の力で進んでいくので両輪駆動ということになっています。

特徴として坂道を下りて行く時の力とか、ブレーキをかけた時、自転車が進んでてペダルを踏みを止めている時に、バッテリーを充電する回生充電機能が働きます。

その機能を上手く使うことによってパワーモードで62km、オートマチックで105km、エコモードで200 km走ります。

27インチ(内装5段変速、上り3速、下り5速)の場合、走行テスト時のギア設定が26インチ(内装3段変速、上り2速、下り3速)と違っているために、カタログデータの走行距離は少なめになっています。ギア選択を変えることで同程度の走行距離になる可能性があります。

多めに回生させるとか、今日は何パーセント回生させたか?というのはパネルで見ることができるようになっているんです。

この機能使えば、パネルの数字がエンターテインメントになります。めっちゃ楽しいと思います。

快晴のさせ方によってバッテリー充電する回数が減らせるということなので、そういうのが面白いと思ってハマっていただける方に楽しいんではないでしょうか

無理に回生のことを意識しなくても、乗っててみればほんとに軽いのでおすすめです。

 

アルベルトe 整備が楽!

通学に電動自転車が認められている地域では圧倒的な人気があると言っても良いと思います。

装備のとても充実していてトラブルに遭いにくいです。

駆動ベルトはチェーンではなくカーボンベルトになっています。

ベルトだと切れないかと心配かもしれませんが、車のエンジンに使われているベルトと同じものが使われていますので、使用中に切れることを心配する必要はないでしょう。

むしろ登校中にチェーンが外れて遅刻するなんていうことがなくなるでょう。

空気圧は空氣ミハル君が、空氣を入れるタイミングを教えてくれので、空気圧が減ったのを知らずに走ってパンクするなんで事も減るでしょう。

カゴの下には、ライトが付いてます。ワイドスーパーパワーバッテリーランプといって、丸が3つあリますが、両端は反射板で前から来た光を反射して光ります。

真ん中が LEDライトでのものすごく明るいライトです。

後ろのテールライトは暗さと振動を感知して赤い光がピカピカっと光って、信号待で止まっているときに自分がここにいると、他の車にわかってもらうようになっています。

テールライトは中にボタン電池が入っていて、ソーラーパネルで充電されるので、ボタン電池がダメになる3年くらいはピカピカ光り続けます。

ブレーキは前がスマートコントロールブレーキ、後ろがフィンつきのローラーブレーキです。
どちらも雨の日でもよく止まるというブレーキが装備されています。

タイトルとURLをコピーしました